本日セミナー開催
小売業の人手不足とマネジメント課題。これらの課題解決の鍵はKPIマネジメントとデータ活用です。小売業の経営に携わる方、店舗管理業務に携わる方に対して、成熟市場における小売業のKPIマネジメントの重要性を解説します。また課題解決ソリューションとして小売業の店舗業務ナレッジを搭載した「ナレコレBI」をご紹介します。本セミナー視聴後、アンケートにご回答いただけますとセミナー投影資料がダウンロード可能です。 日時 2023年11月22日 ~ 2024年3月31日 ※期間延長しました 会場 本登録フォームでお申し込み後、すぐに視聴できるオンラインセミナーです。 参加費 無料 対象 ・小売業の経営者、経営企画部門、本部責任者の方・店長、店舗管理業務の担当者の方・小売業の情報システム部門の方 開催 主催:SCSK株式会社共催:日本能率協会コンサルティング(JMAC) プログラム セッション125分 小売業における効果的なKPIマネジメントとは 株式会社日本能率協会コンサルティングパートナーコンサルタント 寺川正浩 今日スーパー等では人手不足の中、店長や主任といった責任者も現場サポートに追われマネジメント業務に時間を割けない状況が慢性化しています。結果、真の問題にアプローチできずお客さまが離れていくケースも少なくありません。このような環境下でもKPIマネジメントを導入している企業では、無駄と機会ロスの刈取りに継続的に取り組んでいます。各店舗・部門でのオペレーション状態を「見える化」し、優先順位(利益改善インパクト)の高いターゲットに無駄なく切り込む成熟市場における小売業のKPIマネジメントについて解説します。 セッション225分 ナレッジ搭載BIソリューション ナレコレBIのご紹介 SCSK株式会社 流通システム事業本部流通システム第一部 BIエバンジェリスト 山田 栄 BIを活用することで、業務を見える化し、データに基づいた客観的な意思決定が可能となります。その結果、意思決定の質が向上し、ビジネス全体へ大きな貢献をもたらします。高い効果を実感することで、組織内でのBI利用が定着、再び業務の見える化を推進する好循環のサイクルが生まれます。「ナレコレBI」を使えば、このような好循環を作り出し組織の継続的な成長と進化を促進することが可能です。小売業の店舗業務ナレッジを搭載したBIソリューション「ナレコレBI」をご紹介します。 セッション310分 質疑応答 ※記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。※本セミナーの対象とならない同業他社・コンサルティング会社様はお断りさせていただく場合がございます。※予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 52
本日セミナー開催
テクノロジーの進化が、現代のビジネスに大きな変革をもたらしています。新たな技術の導入により、企業は業務効率化、品質向上、新たな市場への進出など、多くのチャンスを掴むことが可能になっています。本ウェビナーでは、テクノロジーによるビジネス変革の最前線として、 ・誤った情報回答、機密情報漏洩、著作権侵害をクリアにした企業特化日本製生成AI ・小売業や調剤薬局などの業務ナレッジを搭載したBIソリューション をご紹介します。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。【このような方におすすめです】・生成AIやBIツールに興味をお持ちのお客様・生成AIやBIツールを業務活用するにあたって課題や悩みをお持ちのお客様● 株式会社Regrit Partners● ビジネスに貢献できるナレッジ搭載BIソリューション ナレコレBI本セミナー視聴後、アンケートにご回答いただけますとセミナー投影資料がダウンロード可能です。 日時 2024年1月12日 ~ 2024年3月31日 会場 本登録フォームでお申し込み後、すぐに視聴できるオンラインセミナーです。 参加費 無料 対象 ・経営者、経営企画部門の方・生成AI、データ分析、データドリブン経営に関心のある方 開催 主催:SCSK株式会社共催:株式会社Regrit Partners プログラム セッション125分 誤った情報回答、機密情報漏洩、著作権侵害をクリアにした企業特化日本製生成AIのご紹介及び今後の展望 株式会社Regrit Partners濱野 寿朗 生成AIは、テキスト、画像、音声、アバターなどのさまざまなコンテンツを自動生成できる技術です。この技術は、日本語の自然言語処理に強みを持つ日本製LLMモデルを活用することで、誤った情報回答や機密情報漏洩、著作権侵害を防止しながら、企業の業務効率化や接客、コールセンターへの展開など、さまざまな分野で活用が期待されています。私自身2017年より生成AI開発プロジェクトに携わり、2022年4月に日本製LLMモデルを活用した生成AI SaaSをリリースしました。本webinerではリリースした企業特化日本製生成AI SaaSのご紹介及び今後の生成AI活用の展望をご説明いたします。 セッション225分 ナレッジ搭載BIソリューション ナレコレBIのご紹介 SCSK株式会社 流通システム事業本部流通システム第一部 BIエバンジェリスト 山田 栄 BIを活用することで、業務を見える化し、データに基づいた客観的な意思決定が可能となります。その結果、意思決定の質が向上し、ビジネス全体へ大きな貢献をもたらします。高い効果を実感することで、組織内でのBI利用が定着、再び業務の見える化を推進する好循環のサイクルが生まれます。「ナレコレBI」を使えば、このような好循環を作り出し組織の継続的な成長と進化を促進することが可能です。小売業や調剤薬局の業務ナレッジを搭載したBIソリューション「ナレコレBI」をご紹介します。 セッション310分 質疑応答 ※記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。※本セミナーの対象とならない同業他社・コンサルティング会社様はお断りさせていただく場合がございます。※予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 4
本日セミナー開催
デジタル変革の波がビジネスの現場を大きく変えています。 特にフィールドサービス業務は、顧客満足度の向上と業務効率化が 直接企業成長につながる重要な領域です。 このセミナーでは、業界をリードする2つの企業の Salesforce Field Serviceを活用したサービスイノベーション取組みをご紹介します。 ※セミナー視聴後アンケートにご回答いただくとセミナー資料がダウンロードできます。 日時 ~ 2024年3月31日(日) ※好評につき期間延長 会場 お申し込み後、すぐに視聴できるオンラインセミナーです。 参加費 無料 セミナー内容(ご紹介事例 全体18分のミニウェビナーです) 事例1 JCOM株式会社様 - 日本最大級のフィールドサービスを動かす 約4700名の関係者が利用する巨大なシステムを支えるSalesforce Field Service。工事計画やルーティング業務の効率化など、大規模な組織における「フィールドサービス業務の最適化」の実際に迫ります。 事例2 精密機器メーカー様 - 24時間体制のサポートが創出する顧客満足度の最大化 時間や場所を超えた顧客体験の向上を目指し、24時間体制でのサポートを実現した精密機器メーカーの挑戦。オンラインとオフラインの境界をなくし、迅速かつ質の高い顧客対応を可能にしたその取組みをご紹介します。 ※記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。未来志向のサービス変革を目指す全てのビジネスリーダーやデジタル化の推進にご関心のある皆さまにとって、貴重な学びとインスピレーションの源泉となる情報をご提供します。 ぜひこの機会にご覧ください。 本件に関する問い合わせはこちら 
  • 100
本日セミナー開催
小売業において小商圏化や固定客獲得競争の激化により、 お客様一人一人に対するサービス向上によるファン化が益々重要になっております。 本ウェビナーでは、ID-POS分析と「経営戦略」というテーマで 「経営戦略という視点を組み入れ、ID-POS分析を活用した独自の経営分析手法」、 「ID-POSデータを経営戦略のために役立てる可視化デモ」をご紹介します。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。 ※セミナー視聴後アンケートにご回答いただくとセミナー資料がダウンロードできます。 日時 2024年2月21日(水)~ 2024年3月31日(日) 会場 お申し込み後、すぐに視聴できるオンラインセミナーです。 参加費 無料 セミナー内容 第一部45分 ID-POS分析と「経営戦略」について 株式会社IDプラスアイ 代表取締役 鈴木 聖一 ここ最近のID-POS分析の進化はめざましく、様々な分析手法の開発に加え、AIとの連携等、これまで踏み込めなかった新たな領域を開拓しつつあります。今回のセミナーでは、この流れを踏まえ、「経営戦略」という視点を組み入れ、ID-POS分析を活用した独自の経営分析手法を解説します。 【講師プロフィール】1988年、慶應義塾大学商学部卒業。同年、(株)船井総合研究所入社。食品スーパーの活性化に幅広く取組み、 1992年、PI値に基づくマーチャンダイジングの強化方法を確立。1998年、(有)PI研究所を設立。近年は、POSからID-POSへの進展とともに、2013年、(株)IDプラスアイを設立。AIの研究開発にも取り組み、その成果を活かしたマーチャンダイジングのみならず、顧客IDに基づくマーケティング戦略を提唱している。 第二部15分 ナレッジ搭載BIソリューション ナレコレBIのご紹介 SCSK株式会社 流通システム事業本部 流通システム第一部 BIエバンジェリスト 山田 栄 ID-POSデータを経営戦略に活用する際に、課題を分かりやすくつかむための表現方法にて迷う場合もあると考えます。 弊社では「ナレコレBI」というサービスにて、データ活用方法(可視化方法)をサービス拡張のために研究してます。今回のセミナーではID-POSデータを経営戦略のために役立てる可視化デモで説明します。 ※記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。 本件に関する問い合わせはこちら 
  • 22